スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


花火の思ひ出

「その辺の小学生よりもスナックを愛し…」と前回書いたものの、それを求めなくなると、欲が失せるらしい。
最近、スナックに対する渇望がすっかり失せてしまった。




カロリーメイトうめぇwww





銀玉と戯れてる場合ではなぃぞと書いたものの


Image139.jpg
まぁ、花火シリーズはドラクエやFFと同じようなもんで…
とりあえずやっとけみたぃな機種ですよね?


ちなみに50%の確率でビッグに繋がる「ナメコ」ですが、開始して程なく引いた上記の「まだまだ」の結果は言わずもがな…(涙





初ボーナスまで1万使いました。


Image140.jpg
まぁ、リーチ目に「キライ」ってのはなぃけど、「好き」ではないよね。


まぁ花火の右は狙わずにゲチェナとかノリオが出てナンボでしょ。


初代花火が出たのが98年。
東京に出てパチンコを覚えたが、パチスロとはなんぞやということで、友人に連れられてパーラーに行き、その時打っていたのが花火だった。
なにやら「新聞代」を稼ぐとかなんとかで、プレイを始めた数分で「ヨシッ!」と声をあげたかと思うと、七絵柄が揃い、それまで効果音だけしか流れない筺体から喧騒な音楽が響きだし、下部からはメダルが溢れ出てきた。

この大当たりが一体いくらになるのかは分からないが「新聞代が出る」というのだから3000~4000円になるのだろう。(多分当時のパチのレートから推測すると、スロも7枚交換だったかも?)
それ以前に新聞やめろょ。


そんなこんなで何となく打ち始めた花火。
「ロケット」とかいうフラッシュがなんか連続して出ると、この3つ並んだキャラクターが揃いやすいような気がするという危なっかしい打ち方をしていたオレも、そのうちリーチ目を覚え、大花火やアラベスクが出る頃には、パチスロの虜になっていた。



そういうことを思い出させてくれるには十分な出目が炸裂した。


Image141.jpg
何の演出も無い故のすばらしさがあるよね。



ぶっちゃけ初代花火でも、大勝ちした記憶がありません。
せいぜい出ても2000枚とかそんなくらいだったかな?
差枚数カウンターで設定判別とか、よく理解できてなかったし、そもそもその当時から1台でコツコツ粘るみたいなスタイルじゃなかったもんで。


なので、新しい花火も合成確率で200分の1を切ってるはずなのに、下皿に満タンor半分くらいを行ったり来たりで、しんどくなってきた。


気分を変えようと倖田2に座り、さらに銀河英雄なんちゃらをちょっと打ったら、花火に費やしたよりも遥かに短い時間で1000枚を突破したので即ヤメ。


12000円ごちそうさまでした。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://gakepachi.blog56.fc2.com/tb.php/175-68b83534
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。