2006年12月の記事

--/--/-- スポンサーサイト
2006/12/29 オーラの泉
ブログも稼動も…納めたハズなのにッ!!…と、2万ほど逝ってしまったけふこの頃…今年の稼動ほど散々な目に遭った記憶はナイ。…この前記憶を抹消したから…ォゥラの泉で有名なェハラさんにスロリチュアルカウンセリングをお願いしたぃ。「見えますょ~。背後にドス黒いオーラが見えますよ~」きっとミワさんのような格好をして打てば、好結果が得られるのだろう。ぁのヒトのオーラは恐らく黄色あたり。青いオーラで単発で散ったケンシロよりかは...
2006/12/27 ブログ納め
ご無沙汰でした。PC部屋を赤子に占拠されてました故、ブログもほったらかしにしておりました…。いくつか溜まった稼動をダイジェストで。某日、確かCR島耕作で15Kほどプラった記憶あり…某日、確かサンダーとパチンコで50Kほど逝った記憶あり…某日、確か5号機各種とめんそーれで40Kほどプラった記憶あり…某日、確かパチンコでぼろくそやられて35Kほど逝った記憶あり…某年、確かスロもパチもとんでもなかったような…記憶を抹消したい…...
2006/12/20 ようこそ
赤子へようこそ!現世へ。赤子が生まれてくれたお陰で、オレは「叔父さん」という新たな称号(?)が加わったよ。もともと子供は嫌いだったけども、最近、他人の子でもかわいいと思える気持ちが芽生えてきたんだ。身内の子は格別だとか言われるけど、ホントだね。そんな赤子のために、おぢさん、奮発して布団を買ってあげたよ。63Kのシロモノさ。早く赤子が、この布団で眠りについてくれることを楽しみにしているよ。あ!赤子はま...
2006/12/18 55
♪デ テッテッテッテッテッテッテゴジラ      ゴジラ     ゴジラとメカゴジラ  ゴジラ          ゴジラ  ゴジラとメカゴジラ ゴジラ…よ…弱ぇッ!!!ゴジラのテーマを聴くと…板尾係長を思い出す…-5K。ランキングにポチ。...
2006/12/15 恐いもの
最近恐れていること…4号機のコイン持ちの悪さ。近頃ほとんど4号機…ST機を打っていない。メインはもっぱらサンダーをはじめとする5号機。時代の先取り、先見の明と言えば聞こえがいいが、正直なところ、ST機に対するヒキがストック切れというか、ぶっちゃけ打つ前から勝てっこしねぇという想いが込み上げてくる。5号機は大きく勝てない…そんな意見が多々あるだろうが、4号機ですら大きく勝てない身としては、初期投資が遥かに安く済...
2006/12/13 波野イクラ
「アレとあれを一緒に食べると、在れの味になる」有名なトコロで言えば「きゅうりとハチミツでメロン」という信じ難い食べあわせでもって、実際食したら怒りを通り越して呆れ。きゅうりとハチミツの味しかしなかった。「バニラアイスとマヨネーズでイチゴミルク」というまたしても信じ難い情報を仕入れ、実際試してみたところ「微妙に分からんでもない」という、ちょっとモノマネがウマい友人がやるビートたけしくらいなラインでも...
2006/12/09 ぁの人は今
予告音ナシで…...
2006/12/07 一番悲しい番長を打った日記
現在のパチスロは4号機と5号機という、外見は同じパチスロでも中身のシステムが全然違う機種が混在している時代なんですな。既存の4号機と言われる機種の最大の特徴はストックと呼ばれる、内部で成立したボーナスを一旦貯留、特定条件を満たした場合に放出という機種がほとんど占めているわけです。中にはジャグラーシリーズなどのボーナス成立、即揃えられるという4号機もありますが。機種によって違いはありますが、中には特定状...
2006/12/07 ああっ雷神さまっ
雷様よりも…HANABI世代な管理人、25歳です。当時は…鬼太郎で中押しばかりしてたような気がする…。「サンダーVは打ち込んだ」とおこがましいことを言えば、本当に打ち込んでいた人からクレームがきそうなくらい、当時はスロ力に欠けていた。ビタの要求に応えられるほどのものが備わってなかったというか…というわけで、新生サンダーが近所に導入されたということで、ちょろっと打ってみることに。リーチ目が懐かしいというよりも、...
2006/12/04 堂本兄弟
先日トウキョーで喫した敗北以来、調子のバロメータもモチベーションも右肩下がり。そんな時かつては鬼浜町の彼だったり、全国制覇を目論むモグラだったり…。 救世主…メシアの存在があったからこそ、こうやって細々とblogを続けられたりしている。ただ、前述の機種はもはやメシアというよりも恨メシァといった感じなので、食指は動かず。そもそもそれらの台に突っ込む財政状況が乏しいということで、今回立ち上がったのは…僕らのヒ...
2006/12/02 高田馬鹿
11月28日火曜日新幹線に揺られ、東京へと向かっていた日。前回の上京は、「だめすろオフ」以来ふた月と半。うだるような暑さが全身を襲い、もしやと思いバッグの中に忍ばせておいた上着を捨てたくなったあの頃から、たかだかふた月と半。…寒い。季節は11月下旬。11月下旬といえばもう冬の足音がそこまで迫っている季節。あたりを見回すと、冬のいでたちをした人達が街を歩く中、パーカー一枚という格好で東京に降り立った自分に愕...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。